ブログ

キャンプ場での虫対策はハッカ油が最強?ブヨだけじゃなくあの虫にも有効

キャンプの虫対策

こんにちは。キャンプ料理研究家のスガタニです。

夏のキャンプで欠かせない虫対策。以前、一緒に登山した友人がブヨに目の上を刺されてお岩さんみたいになってから「マジ虫対策しないとヤバイ」と気を使っています。

基本的には、ブヨがきらう「ハッカ油のスプレー」と刺された場合の「ポイズンリムーバー」この2つを持って行っています。

しかし、こないだ害虫駆除業者の人が来た時に聞いたのですが、ハッカ油はブヨだけじゃなく、ゴキ…じゃなくてGなどいろんな虫に有効なのだそうです!

ハッカ油をきらう虫たち

以下がハッカ油の匂いがキライとされている虫たち。結構色んな虫に効果があるみたいです。

  • ブヨ
  • G
  • カメムシ

キャンプ場でのハッカ油の使い方

私は今まで、スプレータイプのハッカ油虫よけを使っていました。しかし、スプレータイプのハッカ油は揮発性なので頻繁に吹きかけないと効果が持続しません。

テントサイト全体を虫から守るためには、スプレータイプはあまり効果が薄い…。

そこでスプレーではなく、ハッカ油の原液をぬらした脱脂綿やティッシュに2~3滴たらしてテントの周りに置いておくと効果が長持ちするようです。(←害虫駆除業者の人おすすめの方法)

食材の入っていたプラスチックごみに、脱脂綿とハッカ油を入れてテントサイト何か所かに置いておくと良さそうです。

ハッカ油以外の虫対策

ここからはハッカ油以外、簡単にできる虫対策です。

①お酒のゴミは洗って捨てる

ハッカ油以外の虫対策としては、お酒を飲んだアルコールをきちんと洗って捨てることです。

なんでも、Gはアルコールが大好きなんだとか‥‥

②クーラーバック、夏にソフトタイプはダメかも…

もう一点、夏は布製のクーラーボックスをやめた方がいいかもしれません。

布製のクーラーバックは結構匂いが漏れるんですよね。20cm離れてバックの匂いを嗅いだら、食品の匂いが漂っていました。人間が嗅いで匂いを察知できるレベルなら、虫は一瞬で感知できるんじゃないかな…。

クーラーバックを持ち上げて虫(G)がついてたことがあるんですが、トラウマになります。本当に。

ということで夏はハードタイプのクーラーバックがおすすめです!

まとめ

キャンプ場の虫対策にはハッカ油を必ず持っていきましょう!いろんな虫に対して効果が期待できます。

 

よく一緒に見られている記事