キャンプ用品

朝霧JAMでキャンプするすべての人へ。持ち物・服装・注意点について。

朝霧ジャムのアリーナから見る富士山

「朝霧JAM」は音楽好き、キャンプ好きから愛されるフェスです。そろそろ20周年を迎える元祖ともいえる音楽イベントです。

「 こんな景色で、こんな音楽最高かよ・・」朝霧JAMの魅力。

朝霧ジャムのアリーナから見る富士山

私は人生で2回目のキャンプが朝霧ジャムでした。その時はまだキャンプにどハマりしていなかったんですが、メインステージから見える夕焼けに染まった綺麗な赤富士を見て、超感動してしまいました。

「こんな景色で、こんな音楽、最高かよ。これがIt’s a beautiful dayか・・。」そう思いました。

しかし、この朝霧JAM。玄人キャンパーが多いので、初心者の私は「あれも足りない!」「これ持って来ればよかった」「夜寒い・・」とかなり失敗点が多かったです。

そこで、この記事では私が朝霧ジャムに行って失敗した経験から、「必需品」「服装」を書いていきたいと思います。

朝霧ジャムの注意点

注意点①駐車場からキャンプサイトがめっちゃ遠い。
注意点②雨が降る確率が高い。
注意点③10月の朝霧高原の夜はかなり寒い。

朝霧JAMの注意点①駐車場からキャンプサイトがめっちゃ遠い。

朝霧ジャムのキャンプサイト

朝霧ジャムは、「フェス会場内のキャンプ場(Aサイト、Bサイト)」と「場外のキャンプ場(ふもとっぱらキャンプ場)」があります。

場内のキャンプ場に行くためには図の℗で車を止めて、Aサイト、Bサイトまで歩いて荷物を持っていく必要があります。

Aサイトは駐車場から近いですが、Bサイトは赤線部分を歩く必要があります。この赤線部分が結構長いんです。体感地おおよそ2kmくらい。(実際はわからない。)

朝霧ジャム駐車場までの道朝霧ジャムの帰り道。Bサイトから駐車場までの道のり。遠い。遠い。

 

また、「K」「J」「I」「M」「N」「O」「P」内でもかなりの距離があります。

当然メインステージにも駐車場にも近いKサイトから埋まっていくので、到着が遅れてPサイトになると、もうめちゃくちゃ遠い。

荷物をなるべく軽量化してリュックひとつで行ければ良いですが、荷物がどうしても多くなる場合は、アウトドアワゴン、キャリーカートを持っていくのがおすすめです。

キャリーカートの方が積載量は小さいですが、値段が安いです。

食材や飲み物は、コロコロ運べるクーラーボックスで持っていくと便利です。

朝霧JAMの注意点②雨が降る確率が高い。

朝霧ジャムで雨がふる

2018年のフジロックは2日目に台風が直撃したように、なぜか野外フェスの日は雨が降ります。私は朝霧ジャム2015、2016に参戦しましたがどちらも雨でした。

標高の高い地帯なので、天気が変わりやすいんですよね。もしも、雨予報が出ていなくてもポンチョ、長靴は持って行った方が良いです。

ポンチョ

他にもキャンプグッズがあるのでなるべく荷物は小さくしたいところ。ポンチョはコンパクトに収納できるものが良いです。

KiUのポンチョは、手のひらサイズに収納できて、メンズ、レディースでカラーが沢山あるのでおすすめ。5,000円以下で購入できます。

ポンチョ

 

同じくKiUのポンチョ。水玉模様です。

レインブーツ

長靴は日本野鳥の会のレインブーツがおすすめ。折りたためて、コンパクトに収納できる長靴なので突然の雨でも、折りたたみ傘的なノリで履くことができます。

日本野鳥の会の長靴

朝霧JAMの注意点③10月の朝霧高原の夜はかなり寒い。

朝霧ジャムの服装朝霧ジャムの夜。厚手のブルゾンを着ないと寒かった。

 

朝霧高原は、昼間と夜の寒暖差が激しく、夜は吐く息が白くなるくらい冷え込みます。10℃を切るくらい寒いです。昼間はパーカー1枚でも夜は厚手のジャンパーやフリースを着込んでください。

 

また、夜が寒くなるので深夜~早朝の寒さに耐えられる寝袋が必要です。

当時、キャンプ初心者の私は寝袋に「最適使用温度」があるのを知らず、キャプテンスタッグの激安寝袋(最低使用温度15℃)一枚しか持っていきませんでした。

最低使用温度は、+5℃で使うのが目安なので、15℃の寝袋だと20℃までしか使用できません。朝霧ジャムの早朝、寒すぎてガタガタ震えました。2年前の朝霧ジャムの朝は、おそらく10℃を切っていたと思います。

10℃の気温に耐えるには、最低使用温度2℃~5℃の寝袋を持っていくのが正解です。すると、7℃~10℃くらいの気温で快適に使用することができます。

こちらのコールマンの寝袋は最低使用温度5℃。内側がフリース素材なので寝心地も良く暖かいです。

寝袋を新調するのはちょっとお値段が張る・・という方は、ヒートマットがおすすめです。1,000円以下で買えて、薄くてコンパクトで暖かい。震災の避難所で使われているようなブランケットです。

いかがでしたでしょうか?

上記で挙げた、駐車場からの遠さ、寒さ、雨の3つを対策すればおおよそ大きな失敗はなくキャンプを楽しんでいただけるのではないかと思います。

ぜひ、対策をしっかりして朝霧ジャムを楽しんでください。

【10/2追記】台風25号が発生しているので10/6、7にもしかすると影響があるかもしれません。台風の場合、今一度確認いただきたいのはテントの耐水圧。2000ml以上だと一般的に大雨にも耐えられる作りになっています。

また、ヘキサタープだと横殴りの雨風の場合全然防げません。側面も守ってくれるスクリーンタープの方が良いでしょう。

おまけ:朝霧ジャムにおすすめのキャンプ料理

プデチゲ(韓国風ラーメン鍋)

朝霧ジャムは、オーバーナイト、ふもとっぱらで2泊3日の連泊キャンプをする人もいらっしゃるので、傷みにくい食材を使ったレシピを考えてみました。ぜひ、参考になさってください。

関連記事

よく一緒に見られている記事