キャンプ用品

【使用レビュー】1万円以下のハイランダーダウンシュラフ。冬でも使える?

ハイランダーダウンシュラフの首元の絞り

こんにちはキャンプ料理研究家スガタニです。

先日発売されたHilander(ハイランダー)の新作、9,999円のダウンシュラフを購入できたので使用実験してきました。

ハイランダーのダウンシュラフが気になっている方、ぜひご覧ください。

ハイランダーダウン寝袋。人気すぎて600gは1分、400gは3分で完売。

今回ハイランダーから発売されたのは400g、600g、800gのダウンシュラフ。400gはなんと税込み価格で1万円を切る値段。

ダウン量値段最低使用温度
400g9,999円(税込)5℃
600g14,999円(税込)0℃
800g19,999(税込)-5℃

キャンプを始めたばかりの人には分からないかもしれませんが、1万円のダウンシュラフは超破格なんです

ダウンシュラフは、温かく、折りたたむと非常にコンパクトになるので使い勝手の良い商品。

しかし、羽毛を使用しているのでどうしても値段が高いことが欠点でした。

ダウン寝袋を買うと3~5万は平気で無くなります。ダウン寝袋を買うと諭吉がふっとぶ

 

リリース前からキャンパーの間でかなり注目を集め、発売直後600gのダウンシュラフは1分で売り切れ。400gのダウンシュラフは3分で売り切れました。

※800gはしばらくしてから発売されたので初版はありませんでした。

私は600gは手に入れられず、400gを購入。

当日は、パソコンの前に張り付いてやっとの思いで手に入れました。最近では普通にAmazonで購入することができます。

ハイランダー寝袋400g:10℃で使って少し寒かった

ハイランダーシュラフを実際のキャンプで試したく、訪れたのは11月上旬の山梨。「芦安キャンプ場」です。アルプスが近いので夜になるとかなり冷えます。

ちなみに、寝袋は最低使用温度+5℃で使うのが一般的。400gの寝袋は下限5℃なので10℃くらいまで耐えられるはず。この日、夜の気温は11℃。実験に丁度良い日です。

山梨県芦安の気温

フリース、ダウンを着込んで寝袋にイン。

話題のハイランダー9999円ダウンシュラフ

23時になったのでフリース、ダウンを着込んで寝袋に入りました。しばらくすると、すごく寒いわけじゃないけど、じわじわ足が冷えてくる。これじゃだめだ、と思いカイロをお腹に貼ります。

それでも寒かったので、念のため持ってきた6~8月の夏用寝袋をダウンシュラフの上に重ねて寝ました。これで適温。朝まで一回も起きませんでした。

寝袋2枚を重ねる

重ねたのは「イスカ ウルトラライトグリーン」です。

私は女性&寒がり&冷え性なので、寝袋を重ねましたが、男性ならフリース、ダウン、カイロとハイランダーシュラフ400gで10℃までいけそうな感じです。

またサイズ的に、縦幅190cmというのも良くなかったかも。

ハイランダーの新作ダウン寝袋の縦幅は190cm

ダウンシュラフは体にフィットする方が、自分の体温が循環して暖かくなります。

ハイランダーが推奨しているダウンシュラフの使用に適した身長は170cm~185cm。私の身長は168cmなので若干足りません。

そういった点でも、体温が逃げて寒いと感じていたのかもしれません。

【追記】後日、マイナス3℃の場所で使った時はイスカエアーショートを重ねて快適でした!

イスカエアーショート(450X)は160cm~170cmの背丈の人に合わせて作られたダウンシュラフ。その上からハイランダーシュラフを重ねたらサイズ的にピッタリ。朝まで温かく寝られ寝られました。

ハイランダーダウンシュラフの中に寝袋を重ねる ハイランダーダウンシュラフの中に寝袋を重ねる

ハイランダーシュラフの総合評価(MAX★5)

ここからは、温度以外の面でハイランダーのシュラフを総合評価していきます。

顔回りの暖かさ ★★★★★

ハイランダーダウンシュラフの首元の絞り

顔の周囲をドローコードで調整できるので、首元の温度調整は非常にしやすくて満足。鼻先しか外から見えないくらい絞れます。なので、首元が冷えて寒い!ということはなさそうです。

寝袋の生地 ★★★★☆

ハイランダーダウン寝袋収納時

安いダウンシュラフは「ビニール袋に綿が入ってるような安っぽい生地」で作られていることもあるようでですがハイランダーのシュラフは、お布団みたいに、さらさらふわふわで気持ちいい生地でした。

さすがnaturum(ナチュラム)!さすがハイランダー!

寝袋を着たまま座れるか?★★★☆☆

ハイランダーダウン寝袋を着たままあぐら

寝袋に入った時の動き心地ですが寝袋に入ったまま、あぐらをかくことができました。ストレッチ素材ではないので、座りやすいというほどではないですが一応寝袋を着たまま座れます。

軽量・コンパクトさ ★★★★★

ハイランダーダウン寝袋をバックパックにくくりつける

この日のキャンプには、寝袋をバックパックに括り付けていったのですが、かなり軽くてコンパクトでした。さすが重量0.68kgです。

トートバックに入れるとこの程度のサイズ感。

ハイランダーダウン寝袋をトートバックにいれる

荷物にならないので、持ち運びやすく、便利。キャンプ以外に高速バスの中に持ち込んで寝た時も快適でした。

まとめ

以上、ハイランダーの新作ダウンシュラフをレビューしました。

結果、400gのダウン寝袋は10℃だと少し寒かったです。

男性の場合は良いかもしれませんが、女性にはあまりおすすめできないかも?身長が170cm以下の場合はうまく暖をとれないかもしれません。寒い時期は中に毛布を入れたり、シュラフを重ねるなど対応が必要です。

総合的には、軽量、コンパクト、安い、肌触りが良い、と品質が良く非常に優れた商品だと思います。

ハイランダーダウンシュラフはどこで買うのがお得?

ハイランダーダウンシュラフはAmazonでも購入できますが、ナチュラムの通販で買った方が700円程安く買えます!

配達も2日~3日でされるので、日程に余裕がある場合ナチュラムで買うことをおすすめします!

ハイランダーダウンシュラフ
ナチュラムでハイランダーダウン寝袋の詳細を見る

よく一緒に見られている記事