キャンプ用品

おしりが痛くない!長時間座るのに、おすすめなコールマンレジャーシート。

コールマンレジャーシート。クッション性があっておしりが痛くなりません。

お花見、ピクニック、キャンプなどでブルーシートに長時間座ってケツが痛えええええ。って経験ありませんか?私はあります。

100均で売っているブルーシートは地面の固さをもろに受けるため、長時間座っていられません。せっかくの景色も、お弁当もお尻が痛くて集中できないことも。

そこでおすすめしたいのが、コールマンのレジャーシート

厚みとクッション性があるので、長時間座ってもお尻が痛くならない

コールマンレジャーシートはふかふかしたクッション性のある、布地のシートです。しっかりと厚みがあるので長時間座ってもお尻が痛くなりにくい。

コールマンレジャーシートの厚み。

素材はアクリル製なので、ほおずりできる気持ちよさ。顔をすりすりして思いっきりゴロゴロできます。これがあればピクニックの昼寝がものすごく快適に。

表面はアクリル製ですが、裏はちゃんと防水加工されているので、地面が湿っぽくても安心です。

4人余裕で座れる広さ。大人2人が寝っ転がることも可能。

コールマンピクニックシートは170cm×200cmと大きめです。4人は余裕で座ることができます。カップルで使う場合も、大人2人が寝っ転がれるサイズなのでゴロ寝ピクニックにも最適です。

コールマンレジャーシート。

1人~2人で使用する場合はミニサイズもあります。

持ち手があるのでカバン感覚で持ち歩ける。

コールマンピクニックシートは、クッション性があるので、収納時のサイズが15cm×45cmと少し大きめになってしまいます。でも、持ち手がついているのでカバンを持つ感覚で大丈夫。簡単に持ち運びできます。

コールマンレジャーシート収納時

こんな風にリュックの横につけることも可能です。

コールマンレジャーシートをリュックに括り付けているところ。

コールマンレジャーシートの洗濯

表地が布地なので、できれば洗濯したいコールマンレジャーシート。公式では、洗濯機の使用は避けてくださいと書かれています。

中性洗剤で手洗いなら問題なさそうですが、広げてみると結構大きなサイズなのでめんどくさい・・ですよね。

そんな時は、最初から裏表水に強いナイロン素材のこちらがおすすめ。雑巾で全体をふけば簡単にきれいにすることができる代物。

クッション性はなくなってしまいますが、厚手で座りごこちは良いようです。

カラーは5タイプ

コールマンレジャーシートは、カラー、種類が4タイプあります。私は赤のチェック柄を持っているのですが、3年前に購入したもので現在は売っていないようですね。

グリーン

 

ネイビー×ホワイト

サンセット

ストライプ

フォレスト

 

ぜひ、お尻が痛くないクッション性のあるコールマンのピクニックシートで快適なアウトドアをお過ごしください。

よく一緒に見られている記事