キャンプレシピ

【レシピ】博多風もつ鍋

もつ鍋

博多で食べたもつ鍋を再現しました。寒い時期のキャンプはやっぱり鍋です。〆はちゃんぽんで。

材料(3~4人前)

キャベツ 1/2玉
もやし 2袋
ニラ 1束
牛もつ、または豚もつ 400~500g
にんにく うすぎり3カケ分(にんにくチップでも可)
ごま 好きなだけ
輪切り唐辛子 適量

スープ

水 800cc
☆ほんだし 小さじ1
☆鶏がらスープの素 大さじ2
☆しょうゆ 90cc
☆みりん 大さじ2
☆砂糖 小さじ2
にんにくチューブ 8cm
しょうがチューブ 8cm

登山やバイクキャンプもつ鍋をする時は「鶏だし・うま塩」鍋キューブを使うのがおすすめ。☆の部分を省略できるので荷物を小さくできます。

作り方


【1】もつを湯通しします。沸騰したお湯にもつを入れます。下茹で時間は好みによりますが、油、食感を残したい場合は5秒。油、食感をほどよくいい感じにしたい場合は30秒で引き上げてください。

もつの下茹で

【2】スープの材料を全てお鍋に入れ沸騰させます。そこにもつを入れます。アクが出てくるので、おたまですくいます。

もつのアクを取る

【3】ざく切りにしたキャベツをお鍋の丸形に沿ってドーナツ状にいれていきます。真ん中にもやしを盛ります。

キャベツ、もやしを持つ鍋にいれる

【4】3の上に5cmの長さに切ったニラを並べます。上からにんにくのうす切りと唐辛子、ごまをかけます。

にら、にんにく、ごま、唐辛子をのせる

【5】強火から中火でしばらく煮込みます。キャベツ、もやし、ニラがしんなりしてきたら完成です。

もつ鍋
〆はちゃんぽんで食べるのが博多風です。

おすすめの調理器具

もつ鍋は煮込む野菜が多いので、大きめのお鍋でが必要。

写真で使用しているのは「【燕三条製】TSBBQステンレスダッーブン」。ステンレスダッチオーブンは見め麗しいので料理をしていてテンションがあがります。

しかし、もつ鍋にここまでのスペックは不要です。おでんだと、大根をほろほろにしてくれるので、活躍の機会があるのですが。

 

キャンプでもつ鍋を作るには、普通に家庭で使っている土鍋やアルミ鍋で問題ありません。

もし荷物を軽量化したい場合は「sea to summitのXポット」もおすすめです。

「sea to summit」をざっくり説明すると「軽量で、頑丈で、マニアック」な登山製品を作っているオーストラリアのメーカーです。

Xポットシリーズは、鍋底はアルミ、側面はシリコン製で折りたためる鍋。超コンパクトになります。重量325g。2.8mlまで容量が入ります。

よく一緒に見られている記事