キャンプレシピ

メスティンとシングルバーナーでご飯を炊く方法。

メスティンで炊いたごはん

メスティンは、スウェーデンのtrangia(トランギア)社から発売されている飯盒です。

このメスティン、値段こそ安価なもののビックリするくらい美味しいお米を焚くことができます。

アルミ鍋はお米をおいしくしてくれると聞いていましたが、まさかここまでとは・・。

この記事では、シングルバーナー(ガスコンロ)を使ってメスティンでお米を炊く方法を紹介します。

材料(2合)

白米 2合

水 360cc(お米一合に入れる水の量が、180ccです。)

作り方


【1】お米を30分~1時間程度水に漬けておきます。

米を水につける

【2】水360ccを入れて、炊飯を開始します。蓋をしめてガスコンロの上に乗せ、強火にします。吹きこぼれて湯気がでるまで待ちます。

メスティンに火をいれる

【3】湯気が出てきて水滴が滴ったら、火を弱火に落として10分。その後、タオルやビニール袋にくるんで密閉して15分待ちます。

メスティンをタオルでくるむ

【4】15分経ったら完成です。みてください!この炊きあがり。お米が立っています。

メスティンで米を炊く

拡大するとこう。

炊飯器で炊くより、クッカーで炊くより、ダッチオーブンで炊くより、メスティンで炊いた方が個人的には「米がウマくなる」と思っています。

米の一粒一粒に存在感を感じるような、旨みを感じるような、、表現が難しいですがとにかく美味しいんです。私の相方は米がそんなに好きじゃありませんが、メスティンで炊くと喜んで食べます。そのくらい味が違うんです!

メスティン 米の炊きあがり

シンプルに味わうには卵かけごはんですよね~。

メスティンで炊いたごはん

シングルバーナーで米を炊くときの注意点

シングルバーナーは、火が一点に集中してあたります。そのため、鍋の真ん中一点が焦げることが多い。

特にメスティンは「アルミ(無垢)」という素材でつくられているので、コゲやサビに弱い。そのためシングルバーナーを使うと鍋底が焦げる恐れがあります。

メスティンの焦げ付き

そこでおすすめなのがユニフレームのバーナーパット。これはシングルバーナーの火を遠赤外線のじっくり熱に変換してくれる優れものです。

ユニフレームのバーナーパット

バーナーパットを使うとメスティンが焦げません。メスティン以外にも、クッカー、ホットサンドなどのアウトドア調理器具を焦げから守ってくれます。

安価で購入できるので、ひとつ持っていると便利です。

失敗しずらい炊飯方法

ここまでシングルバーナーを使ったメスティンの炊飯方法を紹介してきました。

シングルバーナーを使う方法は慣れると簡単ですが、火を強火から弱火に見極めるタイミングが中々難しい。焦げたり、芯が残ってしまったりします。

メスティン初心者の方にお勧めなのは、固形燃料を使った「ほったらかし炊飯」です。こちらは、燃料が燃え尽きるまで、ほったらかしていると20分程度で米炊ける楽ちんな炊飯方法。

固形燃料と、それを支えるEsbitというストーブの2点があればできます。esbit(エスビット)ストーブは1,000円くらいで購入しました。

よく一緒に見られている記事