冬キャンプ

【レビュー】マルカ湯たんぽAが朝まで暖かく、キャンプに最適という話。

マルカ湯たんぽA2.5Lと3.5L

こんにちは。冷え性で低血圧、冬は手足の冷えに悩むスガタニです。

最近マルカ湯たんぽA(エース)を使ってみたら、12月の山梨朝霧高原(夜の気温マイナス3度)でも、朝まで温かく寝られてビックリしました!

12月朝霧高原の夜12月朝霧高原の夜
冬キャンプの夜は空気が澄んでる気がする冬キャンプの夜は空気が澄んでる気がする
湯たんぽ温かい!今までナメてました。すみませんでした。湯たんぽ温かい!今までナメてました。すみませんでした。

以前、ナルゲンボトル1Lを湯たんぽ代わりにしてマイナス10℃の冬キャンプに挑んだ時、夜中に冷めてしまって震えながら夜中にお湯を沸かして以来、湯たんぽは信頼していませんでした。でも、マルカ湯たんぽ、一味ちがいました。あたたかい。

雪の中のテントがいい感じマイナス10℃の雪中キャンプ

しかも、マルカの湯たんぽA(エース)はで直接バーナーの火にかけられるので、沸かすときもすっごく楽!

2,000円~3,000円で、冬キャンプが劇的に温かくなるマルカ湯たんぽAエース。ものすごくおすすめなのでレビューしていきます。2.5L、3.5Lそれぞれの使用感も書いていきますよ!

マルカ湯たんぽA(エース)基本スペック

マルカ湯たんぽの良いところを紹介する前に、まず基本スペックから。マルカ株式会社は、昭和41年創業の湯たんぽ専門メーカーです。

マルカ株式会社マルカ株式会社ホームページより引用

専門メーカーなので素材違い、大きさ違いで色々な湯たんぽを発売しています。

色んな素材の中で、一番使い勝手が良いのは、トタン素材のA(エース)。直火OK、IH対応、袋付きです。値段も2,000円~3,000円と金属の湯たんぽの中では安め。

ポリ素材湯たんぽの場合、値段が1,000円以下になりますがキャンプで直火にかけられないのは不便です。それならナルゲンボトルを湯たんぽ代わりに水筒としても使った方が良い気がします。

マルカ株式会社が発売している湯たんぽ

素材スペック
トタン A

サイズ:2.5L、3.5L

直火OK、IT対応、安価、袋付き

トタンF
サイズ:2.5L、3.5L

直火OK、IT非対応、安価、袋付き

ステンレス
サイズ:2.5L

直火OK、IT対応、やや高価、錆びにくい


サイズ:2.5L

直火NG、IT非対応、高価

ポリ
サイズ:3.0L、2.4L、1.8L

直火NG、IT非対応、安価、カラー豊富

おススメは、トタン素材のA(エース)。直火OK、IH対応、袋付きで一番使い勝手が良いです!

マルカ湯たんぽA最高!良いところ3つ!

では、ここからはマルカ湯たんぽの良いところを紹介していきます。

マルカ湯たんぽの良い点①時間がたっても温かい

マルカ湯たんぽA2.5Lと3.5L

マルカ湯たんぽエースは、2.5Lと3.5Lの2サイズありますが、どちらも朝まで温かさが持続します。※ただ、2.5Lは少し工夫が必要。

以前、1Lのナルゲンボトルを湯たんぽ代わりにした時、温かさは3~4時間しか持続しませんでした。朝までもたせるなら最低でも2L以上のお湯が必要です。100均の小さい湯たんぽもキャンプではおすすめできません。

ナルゲンボトルを湯たんぽの代わりにする

ロゴスの湯たんぽ、スノーピークの湯たんぽもデザイン的にかわいいのですが、ロゴスは1L、スノーピークは950mlなので容量的にアウト。

3.5リットル湯たんぽの実験

3.5Lをキャンプで使った時の実験けっか夜11時、カバーの上からで温度は45℃。

湯たんぽの温かさ持続実験:夜11時 45℃

朝8時。袋から出すとまだ温かく、温度は33℃でした。3.5Lは朝までぬくもりを感じられ温かかったです。

湯たんぽの温かさ持続実験:朝8時 33℃湯たんぽの温かさ持続実験:朝8時 33℃

2.5リットル湯たんぽの実験

続いて2.5L。夜11時は41℃。

湯たんぽの温かさ持続実験:夜11時 41℃湯たんぽの温かさ持続実験:夜11時 41℃

朝8時には冷めきっていて13℃まで下がっていました。うーん、もう少し温かさが持続しないものか。

湯たんぽの温かさ持続実験:朝8時 13℃

後日実験。湯たんぽをアツアツに沸騰させて53℃にしました。

湯たんぽの温かさ持続実験:夜11時 53℃

53℃だと、肌に3~4分触れているだけで低温やけどしてしまうのでタオルでぐるぐるにくるみます。その後、袋に入れなおします。

タオルでぐるぐるにくるんだ湯たんぽ

朝8時。タオルにくるまれた状態でも温度は29℃。まだまだ温かかったです!

湯たんぽの温かさ持続実験:朝8時 29℃

2.5Lの場合、アツアツに沸騰させてタオルでくるまないと朝まで温かさは持続しません。キャンプにタオルを持っていきましょう!

マルカ湯たんぽの良い点②直接ガスコンロにかけられる

マルカ湯たんぽのいいところ2つめは直接バーナーにかけられる所です。写真はSOTOのG’Zシングルバーナーに乗せて温めているところ。温める時は蓋をはずします。

シングルバーナーで湯たんぽをあたためる

蓋を閉める時はアツアツになっているので、軍手や耐熱グローブをはめます。

湯たんぽに蓋をする

SOTOのG’Zバーナーは大き目のシングルバーナーなのでイワタニジュニアバーナーに乗せるとこんな感じ。お湯を入れた状態で3.5Lも乗りました。

イワタニジュニアバーナーに湯たんぽをのせる

トタン素材は、ITでも温められるので家で使うときも楽ちんです。直火OKの湯たんぽを家で使うと毎日お湯を入れ替ず温めなおして使えるので楽です。

マルカ湯たんぽの良い点③付属カバーがふわふわ

マルカ湯たんぽの良いところ3つめは付属カバーの触り心地が良いところです。このふわふわ感伝わりますか?すっごく気持ちいいです。抱き枕みたい。

マルカ湯たんぽのふわふわカバー

ちなみに、唐草模様のカバーの場合はこんな感じ。古典的でThe湯たんぽなガラです。でも触り心地的には絶対ふわふわ素材の方がおすすめです。

マルカ湯たんぽのカバー唐草模様

マルカ湯たんぽの注意点

ここからはマルカ湯たんぽを使って感じた注意点を書いていきたいと思います。

低温やけど

低温やけどの注意書き

湯たんぽを使ってみて思ったのは、同じ場所に置いておくと意外とすぐ低温やけどするということ。以下、説明書にかかれていた低温やけどの時間めやす。50℃では2~3分でやけどしてしまいます。

44℃では3~4時間

46℃では30~1時間

50℃では2~3分 

表面温度50℃はアツアツに沸騰させた場合、カバーに入れてもすぐにいってしまう温度。なので、寝るときは少し冷ましてから使う事をおすすめします。

水漏れ防止のゴムパッキンがすぐなくなる

マルカ湯たんぽのゴムパッキン

もう一点は、注ぎ口部分の漏れ防止のためについてるゴムパッキンがすぐなくなること。買った時点で1つ予備はついてきますが。

なくしても、ゴムパッキンのみ購入できます。

マルカ湯たんぽ、ホームセンターで取り扱いしてる?

ケイヨーディーツー

最後に、マルカ湯たんぽをどこで買ったら安いか調べてみました。ホームセンターで購入できるのであれば通販で買うよりも安く済むので近所の以下ホームセンターへ。

  • ケイヨーディーツー
  • コーナン
  • ヨドバシカメラ

結果、、、、1つもマルカ湯たんぽを取り扱っていませんでした。そもそも、この21世紀に湯たんぽの取り扱い事体が少ない!!電気毛布やストーブ、ホッカイロのコーナーは広くとられていても湯たんぽコーナーはそもそも少ない。

なので、通販で買うのが手っ取り早くておすすめです。私はAmazonで購入しましたが、他の通販サイトでもそんなに値段は変わりませんでした。いつも使っている通販サイトでの購入が楽でおすすめです。