【湘南移住】大船始発の混みぐあいを調査。8:53発電車の車内をイラストにしてみた。

大船始発のイラスト

こんにちは。東京の中野区から湘南に移住して4ヶ月目のすがりんです。(この距離だったら普通に引っ越し?)

自然を求めて湘南エリアに暮らしたい!と思ったものの、ネックになったのは通勤時間。私は在宅勤務なので良いとして、相方の通勤時間が倍以上になりました。

通勤時間が増えてもまだ座ればなんとか通勤できるはず・・!

と引っ越し前はかなり大船始発の情報を調べました。湘南エリアから都内へ行ける電車は、東海道線・横須賀線ですが、どちらも始発の本数はわりとあるんですよね。ただ、問題なのは混みぐあい!

いくらネットで調べても出てこなかったので直接行って確かめることにしました。鎌倉で日曜日の夜に一泊。月曜日は8時台に大船駅に行ってそこから始発電車の込みかたを調べました。

大船始発の8:53東海道線は、座席一列につき3席あいている状態。余裕で座れた。

大船始発のイラスト

すみません。ここでまた冒頭のへたくそなイラストですね。

大船駅からの始発は、横須賀線も東海道線も8:30台からかなりすきはじめ、8:53の東海道線始発では余裕で座ることができました。

イラストで車内の様子を表現するとこんな感じです。

なんだ、全然座れるじゃん!ということで力をいれて物件を探し始め、あれよあれよという間に引っ越しが決定。やっぱり直接行って確かめることは大事だと実感しました。

もし、引っ越しを悩まれてる方&通勤時間に不安がある方は一度湘南エリアに宿泊してみて、試してみるのもありかもしれません。鎌倉なら安いホステルとか沢山あるので一泊3,000円くらいで泊まれますよ~。

我々が宿泊したのはこちら。小麦色の肌の親切なお姉さんが、湘南エリアについていろいろ教えてくれました。オプションでつけられる朝ごはんも素朴な味わいでおいしかったです。

藤沢駅だと、ビジネスホテルもたくさんあります。このホテルは朝食でしらす食べ放題がついてくる。

 

湘南エリアは海も寺も山も、おいしいパン屋さんもあって本当に良いところです。最近は北鎌倉まで自転車で出かけて桜を見るのが楽しくて仕方ありません。

このブログを読んで、湘南エリアへの引っ越しを少しでも前向きに検討していただけたら幸いです。