キャンプ用品

【小ワザ】炭の火おこしは着火剤の位置を少し変えるだけで、劇的に楽チンになる!

チャコールスターターから火がでる

キャンプ、バーベキューは楽しい。でも火おこしって大変ですよね。炭火の近くでウチワや送風機で風を送るのが、煙いし熱い。

今回の記事では先日、日本バーベキュー協会の人に教えてもらった火おこしが劇的に楽になる方法を紹介します。

チャコールスターターの下に着火剤を置く。

これだけです。これだけで炭火の着火作業がめちゃくちゃ楽になるんです。

ちなみにチャコールスターターはこちら。火おこし器とも言います。だいたいのチャコールスターターは下10cmくらいが空洞になっているので、その隙間に着火剤を入れます。すると、着火が楽になるのです。

チャコールスターターの下に着火剤を置いた、炭の火おこし方法

では、ここからはなぜ、チャコールスターターの下に着火剤を入れると火おこしが楽になるのか?を着火手順に沿って解説していきます。


【1】バーベキューコンロの上に着火剤を置いて、火をつけます。最初にBBQコンロの上で着火剤に火をつけるんです!

着火剤に火をつける

すぐに火がつきました。

着火剤に着火する

【2】炭火を敷き詰めたチャコールスターターを着火剤の上に置きます。

着火剤の上にチャコールスターターを置く

【3】しばらくすると炭に火がついて、煙が出てきます。着火剤をチャコールスターターの下に置くことで、上向きに燃えている着火剤の火が、炭火にまんべんなくあたるんですね。そうすることでウチワや送風機で仰がなくても放っておけば自然と炭にまんべんなく火が行きわたるんです。

火おこし起の煙

【4】10分くらいで、炭全体に火がつきはじめました。

チャコールスターターから火がでる

【5】そのまま20分~40分放っておきます。すると、炭火が全体的に白っぽくなってきます。白っぽくなった炭は高温で調理に適した炭なので、この辺りで炭をバーベキューコンロに移します。


【6】チャコールスターターをひっくり返し、バーベキューコンロに炭を移します。手袋をしてやけどをしないように気を付けてください。

炭をバーベキューコンロに移す

【7】スコップで炭をバーベキューコンロの半分に寄せます。炭のあるエリアを強火エリア、ないエリアを弱火エリアにして使い分けるそうです。

バーベキューコンロの半分に炭を寄せる

今回の火おこし方法に適した着火剤と炭

着火剤

上記で紹介したチャコールスターターの下に着火剤を置く、火おこしの方法は着火剤が自力で10分以上燃え続ける必要があります。

着火剤は固形と液体燃料がありますが、今回の方法では固形の着火剤がおすすめ。

今回使用した着火剤は、ウェーバーの天然素材着火キューブ。3つで15分程度燃え続けていました。

ロゴスの着火剤は、一個で13分以上燃え続けます。火力も強く、着火剤が余っても湿気らないのでずっと使える。少しお値段は張りますが、長い目で見てコスパのいい商品です。

ちなみに、液体燃料はこういったタイプです。大量の薪を一気に燃やすぜ!って時は液体タイプの着火剤が適しています。

今回使用した炭はウェーバーのチャコールブリケット。炭、一個一個の形が均一なので焼き焼きムラの少ない調理が出来ます。

点火が早くて均一な温度を保ってくれるので、初心者にもおすすめの失敗しない商品です。

おすすめのチャコールスターター

チャコールスターターは、1,000円~4,000円台までピンキリ。安くて優秀なのはキャプテンスタッグの製品です。

チャコールスターターは折り畳みできるタイプもあります。持ち運びに便利。

こちらはコールマン製です。

いかがでしたでしょうか?
めんどくさい火おこしを楽ちんにして、キャンプ、バーベキューを楽しんでください。

炭の火おこし手順は動画でもアップしました。わかりにくい場合はこちらもご覧ください。

炭の着火手順①

炭の着火手順②

炭の着火手順③

あわせて読みたい記事

BBQ、炭火を使ったレシピ

よく一緒に見られている記事