キャンプ用品

【レビュー】ルーメナーと変わりなし!WAQのランタンで十分明るく過ごせるよ。

WAQ 暖色

モバイルバッテリー付きLEDランタンが欲しいけど、

スガタニ
スガタニ
ルーメナーは価格が高い。どうしよう。類似品のWAQってどうなの?

って思ってる方いるんじゃないでしょうか。本記事では、WAQのLEDランタンをキャンプで実際に使ってみた感想を書いていきます!

WAQの購入を迷ってる方!ぜひご覧ください。

モバイルバッテリー機能付きLEDランタンで充電している様子

WAQのランタンを使った感想:控えめに言って最高

結論から言うと、WAQ最高です。

キャンプ場で2夜ランタンとして使い、モバイルバッテリーとしてiPhone6sを2人で1回ずつ使用しましたが余裕でした。

WAQのランタンは1000ルーメン。元々200ルーメンのLEDランタンを使っていたので

文明開化かよ!ってくらい明るくなりました。

waqのランタンでキャンプサイトを照らす様子

WAQの最大出力は1000ルーメン。

キャンプ場では600~800ルーメンあれば十分なので、WAQひとつで十分にキャンプサイトを明るくできます。

電球色の3色切り替えがマジで便利

その他、WAQランタンの良い点は電球色が変えられること。「白色、暖色、昼白色」の3色に切り替え可能です。

電球色が切り替えられると、夜のキャンプサイトの雰囲気が変わってかなりいい感じに。私は基本的に暖色を使っていますが、あたたかなイメージになります。

WAQ 暖色暖色
WAQ白色白色
WAQ昼白色昼白色

 

電球色が切り替えられる点はルーメナーも同じですが、この機能はとっても便利です。

ちなみに、電球色を変える時は電源ボタンを2秒以上長押しします。電源ボタンを1秒押すと電球色ではなく、明るさが以下のように変わります。

  • ボタン1回:電源オン
  • ボタン2回:最大輝度
  • ボタン3回:中輝度
  • ボタン4回:低輝度
  • ボタン5回:最低輝度
  • ボタン6回:電源オフ

明るさが4段階で変更できるのはとても使い勝手が良いです。

モバイルバッテリーとしても優秀

モバイルバッテリー機能付きLEDランタンで充電している様子

WAQのランタンはモバイルバッテリーの容量も大きいです。キャンプ場で2人でiPhone6sを1回ずつ充電して2夜ランタンとして使って余裕でした。

iPhone6sで「約4回フル充電可能」です。

また、WAQは「オリーブ」「黒」の2色があり、私はオリーブ色を持っています。

このオリーブ色がランタンっぽい感じじゃなく、普通に会社にもモバイルバッテリーとして持って行けるので一石二鳥。

会社用リュックに入るWAQのランタン会社用リュックに入るWAQのランタン

 

WAQ株式会社いわく、「アウトドアにマッチするオリーブ色」がこのランタンの魅力らしいですが、私的には「会社用リュックに入れてもマッチするオリーブ色」って感じです。

WAQの重量は220g。通常のモバイルバッテリーの重さは100g程度なので、そこまで変わりません。

普段もモバイルバッテリーとして使いたい!って方にWAQは超おすすめです!

PSE認証マークもちゃんとついてる

また、WAQのモバイルバッテリーは「PSE認証済」。

2019年初頭、話題になったPSE認証問題。なんでも、PSE認証されていない安価なモバイルバッテリーが原因で携帯から発火する事故が年々増えているそうです。

モバイルバッテリーの事故は、2018年で582件。発火した事故でこの件数ですが、バッテリーを使い続けて、いつのまにか携帯が壊れやすくなってしまった・・という件数はもっと多いと思います。

WAQのモバイルバッテリーなら安心して使う事ができます!

充電ケーブルがAndroid/iPhoneどっちも対応

WAQ付属のUSBケーブル iPhone/Androidどちらも対応WAQ付属のUSBケーブル

また、WAQをモバイルバッテリーとして使っていて地味に便利だな~と思うのが、ケーブルがiPhone、Android両方対応ということ。

私はiPhoneユーザーですが、キャンプに一緒にいく友達がアンドロイドの時も大丈夫!「ごめん、iPhoneのケーブルしかない・・」ってなりません。

大人数でいくキャンプでもWAQは超使えます。

WAQ」は良い!でも、そこそこ高い!

自立して立つこともできるWAQ

ここまでWAQの良いところを見てきて、「WAQいいなあ~!」と思われた方が一番ネックなのは値段だと思います。

定価9,800円。

「ルーメナー7」の価格が11,880円なんで、2,000円しか変わらない。じゃあ、ルーメナーのがいいかな?ってなりますよね。

しかし!

WAQはたまにAmazonタイムセールや自社のオンラインストアで安くなっていたりします。私もWAQ公式オンラインサイトで10%オフになっているときに購入しました。
10%オフだと、ルーメナーよりも3000円ほど安くなります!!

WAQが欲しいけど値段で躊躇されている方は、セールしてないかな?とこまめにチェックしてみてください。2カ月に1回くらい安くなっている印象です。

「ルーメナー7」と「WAQ」のスペック比較表

最後に、WAQのスペックが見たい方もいると思うので、記載します。比較でルーメナー7の機能も入れておきます。

商品WAQルーメナー7
明るさ1000ルーメン1300ルーメン
明るさ調節4段階の明るさ調節4段階の明るさ調節
電球色昼光色、昼白色、電球色昼光色、昼白色、電球色
重さ220g220g
サイズ約81x 81x 26mm約92×92×28mm
充電回数10,000mAh。iPhone6Sなら約4回フル充電10,000mAh。iPhone6Sなら約4回フル充電
充電ケーブル充電ケーブル(Android/iPhone)充電ケーブル(Android)
防水、防塵防滴カバー付き防滴カバー付き
PSEPSE認証済PSE認証済
保障 / 販売元1年保証 / WAQ1年保証 / KMコーポレーション
値段9,80011,800
よく一緒に見られている記事