【キャンプおつまみ】バーベキューコンロで、わいわい炭火焼き鳥

キャンプで焼き鳥。

大人数キャンプの時にピッタリな焼き鳥。鶏肉を切っておけば、個々に串指しして勝手に焼いてくれるので料理の準備が面倒な時に役立つレシピです。

また、炭火で焼くので、お店で食べるような本格的な味わいの焼き鳥が食べれちゃいます。

  • 所要時間 鶏肉を切って塩をふる時間10分
  • 価格 鶏肉の部位によるが2000円程度

 

材料

  • 手羽串:鳥の手羽先 適量
  • 砂肝串:砂肝 適量
  • ねぎま:鶏モモ肉、ねぎ
  • 鳥皮串:鶏モモ肉から、皮をはぐ
  • 塩、コショウ 適量

 

作り方


【1】鶏モモ肉の皮をはいで、串にさせる大きさにぶつ切にします。


【2】砂肝、鶏モモ肉を串に刺せる大きさにぶつ切します。ネギもぶつ切にします。


【3】砂肝、皮、鶏モモ肉、手羽先を串指しにします。

串に刺した生の鶏肉。


【4】お好みで塩、コショウをそれぞれの串にふりかけます。多めに塩をふっておくとビールのおつまみに最高です。


【5】BBQコンロに串を乗せて焼いていきます。両面に焦げ目がついて仲間で火が通ったら完成です。

BBQコンロで焼く炭火焼き鳥


 

キャンプで焼き鳥を作るときのポイント

 

焼き鳥を刺す串はステンレス製だと安心

竹串は100均に100本くらいひとまとめになって売っています。竹串だと、火に近づけすぎて燃えてしまう場合があるので、こういったステンレス製の串を使うと安全です。

焚き火を囲めるテーブルがあると、焼き鳥を焼きながらゆったり座れる。

焼き鳥を焼きながら、みんなでゆったり焚き火を囲むには、こういった真ん中にコンロを置けるテーブルがおすすめです。立って焼き鳥を焼き続けるのはせわしなくなってしまいますので。