キャンプレシピ

メスティンで湯切り不要のパスタ作り【コツ・水の量など紹介】

メスティンでミートソース

trangia(トランギア)のメスティンは炊飯、カレー、鍋、燻製等々、なんでも作れる万能クッカーです。

今回の記事では、このメスティンを使って湯切り不要のワンポットパスタ(ミートソース)を作る方法を紹介していきます。

湯切りしない場合、水の量が超大事

キャンプや山でワンポットパスタを作る場合、大事なのは「水の量」と「パスタが何分茹でか?」ということです。

このバランスをミスると火が通ってない固いパスタになるか、水っぽいパスタになるか・・どちらかです。

パスタの種類。よく使われるのは、3分と9分。

アウトドアで、よく使われるのは「ママー3分早ゆでパスタ」です。ゆで時間が短いので水の量はが少なく済みます。だいたい100gで150~200cc程度。

9分ゆでパスタの場合は、水分量が増えてパスタ100gに対して300~360cc程度の水が必要です。ママー早ゆでパスタよりも値段が安く、コンビニでも買えるので家にあるパスタはこちらの場合が多いのではないでしょうか。

今回は1.7mmのパスタでミートソースを作ります。今回水が多くなってしまい、380cc入れてしまいました。

メスティンでパスタをゆでるための水

とりあえず、そこに手で半分に折ったパスタを入れます。

メスティンにパスタをいれる

次に、メスティンに適当に切ったナスをいれます。

メスティンになすをいれる

中火から強火にかけます。ゆで時間の表記より1分早く火を弱火にしてください(今回は8分なので7分)

パスタがゆであがる

最後に、ミートソースを入れます。ミートソースは湯煎せず、直接火にかけてあたためても大丈夫。

先ほどゆで時間を1分早く切り上げたのは、ミートソースを温める時間を確保したためです。

メスティンにミートソースをいれる

今回使用したのは、予約でいっぱいの店のボロネーゼ。このパスタソースおいしい!!!!

ミートソースの箱

そして・・・この時点で思います。「やっぱり水多かった。」

少しミートソースが混ざっている水を30cc程捨てました。8分ゆでパスタだと350ccが丁度良いかもと思いました。

パスタのゆで汁が多かったので捨てる30ccほど最後に捨てたゆで汁

その後、すぐにミートソースが温まります。これで完成です。今回は水分が多くて捨てることになりましたが、逆にパスタのゆで汁が少なすぎると麺が固いままになります。絶妙な塩梅が必要です。

ミートソースが温まる

仕上げに、粉チーズを振りかけます。

メスティンでつくるミートソース

「湯切りしないパスタって粉っぽい味になるかな?」と思っていましたが、全く気になりません。家でも全然ワンポットパスタで十分!という味です。

メスティンでミートソース(完成)

メスティンは、パスタが茹でやすいクッカー

メスティンは(個人的に)1番パスタが茹でやすいクッカーだと思っています。私は一般的な丸形のコッヘル(クッカー)よりもメスティン押しです。

丸形のクッカーを使うと、パスタを半分に折っても一度に全て水に漬からないんですよね。先に漬かっていた部分と後からの部分で硬さに差が出てしまいます。

クッカーからはみ出るパスタ

それに比べて、メスティンはパスタを半分に折ったとき全て漬かるサイズ。パスタの硬さに差が出ないんです。

メスティンにパスタをいれる

パスタの他にも、インスタントの四角型ラーメンや冷凍うどんが丁度入るサイズなので便利。丸形コッヘルよりも料理の幅が広がります。

今回使用したのは、750ml容量のソロキャンプでよく使われるメスティン。値段もお手頃なのでひとつ持っていると便利なクッカーです。

水の量が不安な人は、スープパスタがおすすめ。水っぽくてもカバーできます。

他メスティンを使ったレシピ

メスティンの関連記事

メスティンを購入して2カ月。メスティンの魅力がわかってきました。

メスティンとシングルバーナーで炊飯する方法。

メスティンのシーズニングについて

よく一緒に見られている記事