キャンプ初心者が、最低限のテントと寝袋だけでキャンプフェスに行った結果。

ringo-fes


結果

テントと寝袋以外にハンマーとマットだけは必要だった。


 

 

ペグでテントを固定しないと、風が強いところでは、こんな風に飛ばされます。

こんな風にはならなくとも、テントの区画をはみ出してお隣さんのスペースに侵食sることも。固定しておいた方が無難です。

ペグはテントに備え付け。ハンマーは自分で買う必要あり。

ペグはテントに付いてきますが、ハンマーは付いてこない場合が多いです。お高いテントなら付いてくるものもありますが、私が買ったキャプテンスタッグの5000円テントには付いてきませんでした。
テントがamazonから届いて以来、中身をろくに見もしなかった私はハンマーが必要なことすら知らず、フェス会場で困り果てました。テントが届いたら、中身はちゃんと確認し、ハンマーの有無を調べてください。

マットとは

もう1つ必要だと思ったのは、マットです。寝袋だけで寝ると、地面の固さをもろに受けます。そして、背中が痛くなります。

寝袋の下にこのようなマットを敷くと衝撃を和らげることができます。

マットがないと、底冷えする。

また、マットがないと冷気が下から入ってくるため底冷えします。寝るときに床が冷たい・・。となってしまうので、冷気を遮るためにマットを敷いて寝ます。

私が行ったフェスは9月だったのですが、マットがない地面はそれでも冷たかったです。それに加え、地面の固さを受け朝起きた時体がバッキバキになりました。普段柔らかーいベットで寝ている現代人の私には、床が固くて冷たいまま寝るのは耐えられませんでした。マットは1,000円くらいで買えるので、持って行って損はないと思います。

 

その他マストではないけど、あったらいいなと思ったもの【大きめのバックパック】

テントを入れたり、括り付けたりするための大きなリュックです。旅人でもない限りそんなに大きなリュックないですよね?最低でも30Lは必要です。

私の場合持っていた一番大きいバックが、海外旅行用のスーツケースしかなかったのでそれを使いました。しかし、フェス会場でめちゃくちゃ浮きました。みんな大きなリュックで、恥ずかしかったです。お金に余裕があればあったほうが良いです。

 

【調理器具】は家で使っているものでOK

ハンマーがなくて、結局テントの設営を隣の玄人キャンパーさんにお願いしました。その流れで、一緒にお酒を飲ませてもらったのですが、キャンプ初心者の私にこんなアドバイスをくれました。

「結局、調理器具は家で使ってるものが1番使いやすいよ」

「サバイバルナイフじゃなくて、家で使っている包丁の方が一番良い。使い慣れてるし。」

キャンプは、キャンプ用の調理器具をもっていかないといけないと思い込んでいた私には目からうろこでした。「そっか家にある調理器具でいいんだ。」と。

包丁、カセットコンロ、鍋、全部家にありますよね?調理台代わりのテーブルは1,000円程度で買えます。お皿とコップは100均にありますし。100均のお皿、結構おしゃれなものがあるんですよね!おすすめはCan Doです。

 


長くなってしまいましたが最後に、キャンプで最低限必要なもののまとめです。

買うもの:テント、寝袋、ハンマー、マット

家にあるもの:カセットコンロ、包丁、お鍋

できれば買った方がいいもの:テーブル、大きめのリュック

私はグッズにこだわりすぎず、とりあえずキャンプを楽しんでみることが大事だと思っています。キャンプしていると、のちのちあれ欲しい、これ欲しいとなっていくので最初は揃えすぎない方が良いですし。

以下は、私が使ってみて良かった安くて使えるキャンプ用品です。良かったら参考にしてみてください。

 

キャプテンスタッグ 寝袋 【最低使用温度15度】

1,000円で買えるおそらくもっとも安い寝袋。最低使用温度が15度なので、冬は無理ですが春や秋の肌寒い季節なら、これを2つ買って重ねて寝ればOK。2つ買っても2000円ですし。夏になったら1枚だけ利用すれば良いです。3年くらいこの寝袋使用していますが、特に不便はありません。十分です。

 

ネイチャーハイク ウルトラワンタッチテント(3人用)

ネイチャーハイクは、中国製ですが香港で作られているので素材がしっかりしているものの安いです。ナイロン素材なので雨が降っても大丈夫。そして軽いので車がないキャンパーでも持ち運びが便利です。

 

 


amazonプライム会員なら、誰でも還元率最大5%のビックセールが2/28から3/2まで開催されるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です