キャンプ用品

キャンプのコーヒー収納方法。ケトルを中にしまえるクッカーがおすすめ。

キャンプコーヒーの収納

キャンプ場や山頂でおいしいコーヒーが飲みたい!と思って買ったキャンプ用ケトルとコーヒーセット。

しかし、実際買ってみると、荷物になるから持っていかねえええ!!結局スティック1本でOKなインスタントコーヒーで済ませてしまいます。

 

しかし、やっぱりキャンプ、山で飲むコーヒーのおいしさは格別です。

登頂後、美味しいコーヒーを飲むために山に登るという人もいるほど。そこで、なるべく荷物にせずキャンプコーヒーセットを収納する方法を考えてみました。

何といっても、ケトルがお荷物

キャンプコーヒーの収納

こちらは私がいつも持っていっているキャンプコーヒーセットです。

ドリッパー、豆、砂糖、フィルターは100均で買った箱に入れてそれなりにきれいに収納することができました。

しかし、やっぱりケトルが荷物です。小さくてかさばらないコールマンのパックアウェイケトルを購入したのですが、それでもメロンパン一個分くらいのスペースは取られます。

 

こちらがパックアウェイケトル。0.6リットルまでお湯をわかせる小型のやかんです。おしゃれでかわいいし、1,500円~2,000円程度の価格帯で、お求めやすい。

コールマンパックアウェイクッカーなら、ケトルがすっぽり収納できる

しかし、このコールマンパックアウェイケトル。実は同じシリーズのクッカーにすっぽり収納できる仕様になっているのです。

私はユニフレーム角型3というクッカーをすでに持っている(しかも超気に入っている)ので、くしくも購入できませんが、コーヒー好きにとってケトルがすっぽり収納できるのはかなり利点ではないでしょうか。

クッカーにすっぽり収納されるパックアウェイケトル様。coleman.co.jpより引用

 

こちらが、コールマンパックアウェイクッカー。1.7ℓの容量で、ソロ~2、3人用の料理に適したコッヘルです。

※amazonではパッカアウェイとなっていますが、正式にはパックアウェイのようです。coleman.co.jpにて確認。

パックアウェイケトルで注ぐお湯の細さ。5~7ミリ程度

コーヒーにいれるお湯は細く、細く、が基本ですが、コールマンパックアウェイケトルでどの程度お湯をスリムにできるか検証してみました。

こちらは、実際にお湯を注いでみた様子の動画です。

結果、コーヒー専用のドリップポットまではいきませんが、5~7ミリ程度まで補足できました。香りも味もしっかりとしたコーヒーになりました。

コールマンケトルでコーヒーをいれる。

コールマンパックアウェイケトルは1,500円~2,000円台で買うことができます。

 

ケトルをすっぽりしまえるパックアウェイクッカー。別売りです。

よく一緒に見られている記事