キャンプレシピ

【レシピ】メスティンでだし巻たまごを作ったら、ふわっふわで美味しすぎた。

メスティンでだし巻たまご

キャンプで最強のクッカーと言われているtrangia(トランギア)のメスティン。

炊飯、パスタ、ラーメン、パン何でも作れるこのコッヘルで今回は卵料理に挑戦し、だし巻卵を作ってみました。メスティンに卵と白だしを入れて、弱火でじっくり蒸すように焼きます。

正確には「巻」ではなく、だし味のオムレツといえる出来上がりになりましたが、ふわっふわで感動レベルの味に仕上がりました。

キャンプの朝ごはん、前菜、おつまみにどうぞ。

材料

  • 卵 L4つ
  • 白だし 15cc
  • 水 40cc
  • サラダ油 適量

作り方


【1】メスティンにサラダ油をひきます。

メスティンにサラダ油をひく

【2】卵を4つ割って、白だし、水を加えます。

たまご

【3】卵をお箸でかき混ぜます。なるべく白身と黄身が分離しないようきめ細かく混ぜてください。

溶き卵

【4】バーナーに着火します。通常のカセットコンロや火口の大きいツーバーナーであれば問題ありませんが、シングルバーナーの場合は注意が必要です。

シングルバーナーは、鍋底1点に集中して火が当たるので卵の真ん中だけ焦げてしまいます。

そこで、便利なのがユニフレームから発売されている「バーナーパット」。このパットが熱を分散させてくれ、じっくりと鍋底全体に火が通るようになります。焼きムラができません。

ユニフレームのバーナーパット

【5】火力は写真くらい。中火にして、バーナーパットを乗せると通常の弱火程度の火力になっている印象です。

火加減

【6】そのまま10分間蓋をしっかり閉めて焼きます。


【7】完成です。ふわっふわ・・・・・!しあわせ・・

メスティンでだし巻たまご

卵の厚みは2.5cm。フライパンで巻いて作ったものより、ふわふわで柔らかい。こっちの方が美味しいと思いました。

だし巻たまごを切った様子

1点失敗したことは、予想以上に卵のコゲがメスティンにこびりついてしまったこと。クッキングシートやアルミホイルを敷いてから卵を入れると良さそうです。

メスティンのコゲ

今回使用したキャンプ料理器具

今回使用したのは750ml容量のメスティンです。お米なら1.5合、パスタやラーメンは1人分茹でられるソロキャンプに適したサイズです。

ユニフレームバーナーパットはこちら。今回はSサイズを使用しました。

キャンプや登山に卵をもっていく時は100均の卵ケースがおススメです。1コずつ梱包できるので、ソロキャンプでも卵料理が楽しめます。

他、メスティン関連の記事

Twitter/Instagram
SNS

湘南で暮らすキャンパーのブログ管理人「スガタニ」のSNSアカウントです。

「キャンプ料理のお役立ち情報」「レシピ」を中心につぶやいていますので、よかったらフォローお願いします。


@sugamija

よく一緒に見られている記事