キャンプレシピ

【レシピ】フライパンひとつ!簡単トマトバジルパスタ

フライパンひとつで作るトマトバジルパスタ

フライパンひとつで湯切り不要のワンポットパスタのレシピです。キャンプ場で洗い物が少なくて済むので楽ちんです。

材料(1人前)

  • ベーコン 4枚
  • パスタ 80~100g
  • 水 300cc~400cc(9分ゆでの場合)
  • トマトバジルソース パスタ1人前に合う分量
  • 生バジル 3、4枚(乾燥バジルでも可)
  • オリーブオイル 小さじ1

作り方


【1】フライパンにオリーブオイルをいれ、中火でベーコンに焦げ目がつくまでいためます。


【2】1にお水をいれます。沸騰したらパスタをフライパンに入れます。フライパンに入らない場合はパスタを真ん中で2つに折って入れます。


【3】パスタが茹っているか確認します。写真のように少しお湯が残っているくらいがちょうど良いです。パスタが固い場合は少しお水を足して様子を見ながら茹でてください。

ワンポットパスタを茹でる

【4】3にトマトバジルソースをいれ、パスタと絡めながら炒めます。


【5】パスタの上にバジルをのせて完成です。

フライパンひとつで作るトマトバジルパスタ

ワンポットパスタを茹でるポイント

キャンプでパスタやマカロニを茹でるときは、具材を炒めたお鍋でそのまま麺を茹でるワンポットパスタが便利!

多少粉っぽい味になりますがほとんど分かりません。しかし、水の分量が多いと水っぽくなるし、少ないとパリパリのパスタになります。

パスタの茹で時間によって入れる水分量を調節しなければなりません。以下は私がワンポットパスタを作ってみて、丁度いいかなと感じた水分量です。目安としてお使いください。

※分量はすべて100g

3分早ゆでマカロニ150㏄~300㏄
3分早ゆでパスタ150㏄~300㏄
9分ゆでパスタ300㏄~450㏄

3分早ゆでパスタは、ママーから発売されている商品。ゆで時間が短いので水の量が少なくて済みます。登山家の人も愛用しているみたい。

今回使ったパスタソース

今回使用したパスタソースはカゴメアンナマンマのトマトバジルソース。

にんしく、塩、オリーブオイルが入っているので、これさえあれば他の調味料はいりません。

乾燥バジルは100均でも買うことができますが、GABANのものがおいしいと思います。

ワンポットパスタにお勧めの調理器具

今回はコールマンのスキレットで作りました。蓋つき、袋付きなので、はじめて買うスキレットにはおすすめ。

個人的にワンポットパスタにおすすめの調理器具はメスティン。パスタを半分に折って、丁度よくおさまる大きさです。

メスティンでパスタを茹でた記事はこちら。

よく一緒に見られている記事