キャンプレシピ

【レシピ】キャンプはじめての人は、包丁いらず!簡単にできる豚汁がおすすめ。

キャンプで作る豚汁

楽で簡単で、みんなが喜ぶ、キャンプ飯。豚汁です。

私はキャンプ、バーベキューのプラス一品でよく豚汁を作ります。理由としては5つ。

  • キャンプやバーベキュー中、あたたかいスープが飲みたくなる瞬間がある。
  • 冷凍で豚汁の具が売っているので、野菜を切る必要がないので包丁いらず。凍っているのでクーラーボックスもいらない。
  • 味付けはダシ入りみそ1本でOK。
  • お鍋1つでOK。
  • しめにうどんを入れれば炭水化物も摂取できる。

春でも、夏でも、秋でも、冬でも、キャンプをしていると体が冷える瞬間があって、そんな時に温かいスープが飲みたくなります。そんな時に豚汁があると、あたたまるし、なんだかほっこり。子供からも喜ばれる簡単なレシピです。

材料

冷凍とんじるの具

冷凍豚汁の具。冷凍食品のコーナーにあると思います。お肉がちょっと少ないので豚バラ肉を追加するとよりおいしい。

あと、シャキシャキねぎも追加すると良いです。冷凍のねぎはしんなりしたタイプなので。1袋で2人用、2袋で4人用程度の分量が入っています。

ダシ入りみそ 適量

こちらは永谷園のダシ入りみそ。ドライタイプなのでお味噌が余っても持って帰るのが楽!
夏のキャンプでおみそがあまると、臭くなるのでドライタイプが便利です。

カルディには赤みそパウダーが売っています。40gなので使いきれるサイズ。

〆用うどん 人数分

ごま油、またはサラダ油 適量

ごま油は100均に小さい90gのものがあります。私はいつもダイソーで買っています。

水は料理用のものまでペットボトルで持っていくと重たいので、ウォータータンクを持っていくことをおすすめします。


【1】ごま油またはサラダ油をお鍋にひき、冷凍とんじるの具を炒めます。


【2】水を入れ、沸騰するのを待ちます。


【3】ダシ入りみそを入れ、溶くと完成です。


こちらが、完成した豚汁。〆のうどん入りです。

私がはじめてのキャンプで豚汁を作ったときは、クッカーなどは用意せず、家にあったお鍋を持っていきました。ニトリ製品だったと思います。

カセットコンロは実家にあったものをもらいました。おわん型のプラスチック皿は100均で購入。

tonjiru

キャンプ場で料理をする時のポイント

お鍋やカセットコンロは家にあるものでOK。あと必要なのはさいばし、おたま辺りです。特別に用意するものはありませんが、しいて言うならカセットコンロを乗せるテーブルはあった方が良いです。

地面が安定しないとカセットコンロは危ないので。

1人用のテーブルだと、キャプテンスタッグアルミ ロールテーブルがおすすめ。軽くて使い勝手の良いシンプルなテーブルです。価格も1,000円~2,000円程度。

何人かでキャンプをする場合は、すでにテーブルをお持ちかと思いますが、一応おすすめの大人数用テーブルも。かわいいコールマン製品です。お値段も5,000円程度。

山の天気は変わりやすいので、急に寒くなったりします。そんな時にぜひ、温まる豚汁を作ってみてください!

キャンプ初心者向け記事

合わせて食べたい、キャンプ献立メニュー

よく一緒に見られている記事