キャンプ用品

ソロキャンプ用クッカーの選び方。本当に大切なことは1つだけ。

ソロキャンプのクッカー選びで大切なこと

私が一番最初にクッカーを購入してから5年の歳月が流れました。購入したきっかけは、山でカップラーメンを作ってみたかったから。

いつも冷たいおにぎりを食べていたので、登山やキャンプでホカホカのカップ麺を作っている人を横目で見ながら、とてもうらやましかったのを記憶しています。

とりあえず、お湯が沸かせればいい!

そう思って安くて、デザインもカッコイイ「プリムスクッカー(S)」を購入しました。

プリムスクッカーS

それから登山、キャンプでのごはんの満足度は格段に向上しました。「外で温かい飯が食べられる」それだけで世界(キャンプ場)が輝いて見えます。

しかし。

ラーメンにも飽きてきて、色々なレシピレパートリーを試すようになると不満が出てきました。クッカーが小さすぎて全然食材が入らないんです。

サトウのごはんを温めたくても、このように大幅にはみ出します。はみ出すというより入っていないという表現が正しい。

小さいクッカーでレトルトごはんを温めてはみ出している様子

パスタもお湯に漬かりきらないので、麺が硬くてバリバリの部分が残ります。

小さいクッカーでパスタをゆでると入らない

1人用の小さいクッカーは、直径10cm以下だと全然食材が入らないんです。お湯沸かし・ラーメン専用&軽くてコンパクトさ重視!という方には良いのですが、後々、色んな料理を試してみたい!という方はクッカーのサイズを考える必要があります。

色んな料理を試したい場合は、直径12.5cm以上のクッカーがおすすめ

以下は、よくソロキャンプで調理する、インスタントラーメン、冷凍うどん、レトルトごはん、パスタのサイズです

よく使う食材幅(cm)
インスタントラーメン12cm
冷凍うどん10cm
パスタ(半分に折った状態)14~15cm
サトウのごはん12cm

この表を見ると、料理を楽しむためには最低でも12.5cm以上のクッカーが必要になります。

冷凍うどんやパスタは時間をかけて茹でていくうちに、小さいクッカーで調理できることもありますが、サトウのごはんはクッカーの幅がどうしても重要になります。

ユニフレーム山クッカーでサトウのごはんとレトルトカレーを温める

サトウのごはんは、レトルトカレーやお茶漬けなど、米料理の時にとても役に立ちます。キャンプに何回か行くと絶対に調理したくなるタイミングが出てくる食材です。

キャンプでのレトルトカレーの作り方

キャンプでお米が食べたい!と思っている方はぜひ、サトウのごはんが入る12.5cm以上のサイズを選ぶことをおすすめします。

直径12.5cm以上のクッカーなら、ガスボンベがスタッキング(収納)できてコンパクトに

アウトドア缶をクッカーにスタッキング

また、直径が12.5cm以上のクッカーがおすすめなもう一つの理由は、アウトドア(OD)缶250のガスボンベが丁度スタッキング(収納)できることです。

ツーリングや徒歩でキャンプをする場合、荷物を少しでも減らすため色んなキャンプ道具をマトリョーシカ的にスタッキングしてコンパクトにして持っていきます。

↓こんな感じで。

OD缶にも色々種類がありますが、一番小さい105と次に大きな250はほとんど値段が変わりません。105は小さくて持ち運びが便利ですが、1回使ったらすぐになくなってしまうので250がおすすめ。

250

定価:580(税別)

105

定価:540円(税別)

12.5cm以上のクッカーを購入し、250のOD缶をスタッキング収納。

最初はこのセットが一番料理も楽しめ、収納もコンパクト、で良いのではないかと思っています。

その他、クッカーを選ぶうえで考えるポイント(素材)

ソロキャンプのクッカー選びで大切なこと

素材はアルミ・チタン・ステンレス、大きく分けて3種類

クッカーはアルミ、チタン、ステンレスどれかの素材で作られたものが多いです。

中でも、一番多いのはアルミ素材。熱伝導率が一番良い素材なので料理がおいしくできます。特にお米を炊くときは熱伝導が大事なので、はじめての米炊きクッカーはアルミがおすすめです。

アルミは柔らかい金属だから、バックパックに入れると曲がる心配があるなんてことも言われていますが、大抵のアルミクッカーは加工が施されているので、バックパックにぎゅうぎゅうに詰めても曲がる心配はそこまでありません。

以下は、簡単にアルミ、チタン、ステンレスの特徴をまとめたものです。

アルミ熱伝導が良い。比較的軽い。米をたくとき失敗が少ない。

→料理をおいしく作りたい人はアルミのクッカーがおすすめ。

チタン一番軽い素材。ウルトラライトキャンパーに人気。しかし、熱伝導が悪くお米を炊く場合はおすすめしない。

→登山・軽量キャンパー&凝った料理をしない人におすすめ。

ステンレス一番頑丈で錆びに強い素材。熱伝導はアルミと比べて良くない。

→汚れにくいのでメンテナンスをあまりしなくてよい。メンテが面倒な人におすすめ。

このように、それぞれの素材でメリットデメリットがあるので、必ずチェックしてから購入しましょう。ただ、料理の失敗は一番アルミ素材が少なくなると思うので、最初のクッカーはアルミがおすすめです。

ソロキャンプにおすすめのクッカー5選

以上を踏まえてソロキャンプにおすすめのクッカーを紹介していきます。

コールマン(Coleman) パックアウェイソロクッカー

PRIMUS(プリムス) クッカー イージークックNS・ソロセットM

トランギア(trangia)メスティン

 

ソト(SOTO) ナビゲータークックシステム

 

ユニフレーム(UNIFLAME)山クッカー角型3

いかがでしたでしょうか。

以下に、紹介したクッカーのレビュー記事へのリンクを記載しました。よろしければ、こちらもご覧ください。

おすすめしたクッカーの詳細記事

メスティン

ユニフレーム山クッカー角型3

関連記事

 

よく一緒に見られている記事