キャンプレシピ

【レシピ】簡単!サバ缶とオクラのアヒージョ。〆に鯖ペペロンチーノも。

鯖缶とオクラのアヒージョ

キャンプやBBQで定番のおしゃれレシピ「アヒージョ」。

一見難しそうに見えますが、作り方は材料をオリーブオイルで煮込むだけです。鍋料理と一緒。

今回は便利なサバ缶を使ったアヒージョ。腐りにくい食材だけで作るので、何日か滞在するフェスやキャンプで活躍するレシピです。

材料 (2人分)

鯖缶アヒージョ

  • 鯖の水煮 1缶
  • オクラ 4~5本
  • オリーブオイル 適量
  • 塩 少々
  • ローズマリー 生リーフの場合15~ 20センチ程度、乾燥の場合は小さじ1弱
  • にんにくチューブ 4~7センチ

残った油で、サバペペロンパスタ

  • パスタ 80g
  • 輪切り唐辛子 適量

キャンプ、BBQでアヒージョを作る容器は?

キャンプ、BBQでアヒージョを作る場合、お皿の選択肢だいたい以下3つ。

  • ミニスキレット
  • クッカーの上蓋
  • 深めのアルミ皿

この3つ以外でも、直径がだいたい15cm~20cmの大きさで、3~4cmの深さがあれば何でもOKです。お皿については、ページ下部で詳しく解説しています。

作り方

鯖缶アヒージョ


【1】鯖の水煮缶から身だけを取り出して、クッカーにいれます。


【2】オクラのヘタを切り、半分に切ります。鯖の周りに並べていきます。


【3】オリーブオイルを鯖、オクラがひたひたになる程度に入れます。塩をふり、にんにくをいれます。


【4】ローズマリーを③にいれます。生リーフの場合は葉を茎からはずすと使いやすいです。


【5】中火で5分程度煮れば完成です。バケットにつけてお召し上がりください。

鯖缶アヒージョ完成

残った油で、〆のサバペペロンのパスタ


【1】パスタを茹でます。


【2】アヒージョで残った油をフライパンに入れ、鷹の爪を入れて中火で炒めます。鷹の爪の香りが油に移ったら一旦火を止めておきます。

アヒージョで残った油

【3】パスタが茹ったら、2の残り油が入ったフライパンに麺を入れて絡めます。以上で完成です。

アヒージョの残り油でペペロンチーノ

今回使用した食材について

鯖缶

今回はスーパーで買った安い100円のサバの水煮缶を使用しました。

しかし、鯖のオリーブオイル漬けなら缶詰のまま火にかけて調理できます。オリーブオイルを持ち運ぶ手間もないので、サヴァ缶はおすすめです。スーパーにも売っています。

ローズマリー

ローズマリーは肉や魚の臭み消しとしてよく使われるハーブ。ひとつ持っておけば、ローストポークにも利用できます。

アヒージョの容器について

今回使用したのは、クッカーの上蓋です。直径15cm、高さ4cm程度。ソロ~2人分のアヒージョを作るのにピッタリのサイズ。

ミニスキレットで調理する場合

ミニスキレットでアヒージョを調理する場合は、フライパンの高さに注意して選んでください。浅いとオリーブオイルがこぼれて悲惨なことになります。

※100均で売っているスキレットは高さが低いものがあります。注意して選んでください。

チャムスのミニスキレットは高さ3cm。最低でも3cmは欲しいところ。

アルミ皿

アルミ皿をバーベキューコンロに乗せてアヒージョを作る手もあります。

アルミ皿と炭火で作る場合、オリーブオイルで具材を煮る時間が少し長くなります。このレシピでは、バーナーを使用した場合で5分程度だったので、コンロの場合はもう少しかかると思います。

その他サバ缶レシピ

あわせて食べたいキャンプ献立メニュー

よく一緒に見られている記事