【レシピ】フライパンひとつ、手が汚れない!煮込みハンバーグ

フライパンひとつ。手が汚れないハンバーグ。

子供が大好きなハンバーグ。

しかし、キャンプで作りたいと思っても、手が汚れるし丸めるのも面倒。そもそも、キャンプじゃなくても面倒な料理です。

そんなめんどくさいハンバーグを、超簡単フライパンひとつでできるように・かつ、手が汚れないようにアレンジしてみました。キャンプで面倒な洗い物もフライパンひとつだけです!

ぜひ、カップルで、家族で、お一人でも、作ってみてください。

 

材料

ハンバーグ

  • 合いびき肉 400g
  • たまねぎのみじん切り 中1個
  • 卵 1個
  • パン粉 大さじ8
  • 牛乳 大さじ4 (なくても可)
  • ナツメグ 少々 (なくても可)
  • 塩、コショウ 少々
  • ハインツ デミグラスソース 1缶
  • 水 200cc
  • 赤ワイン 50cc(お好みで)

副菜

じゃがいも、たまねぎ、にんじんなどお好きなものを。

その他用意するもの

  • ジップロック 大1枚

作り方


【1】たまねぎをみじん切りにして、サラダ油でしんなりするまで炒めます。(キャンプ前日にこの工程を終えてジップロックに入れて持っていくと楽です。)


【2】ジップロックに、ハインツデミグラスソース以外の材料を全て入れます。

ハンバーグの材料を全てジップロックへ。


【3】ジップロックをふさがずに、写真のように持ちます。左手で袋をぎゅっと持ち、右手でハンバーグを捏ねます。5分程度捏ねて少し粘り気が出てきたらOKです。

ハンバーグをジップロックで捏ねる。


【4】フライパンにサラダ油をひいて、中火から強火であたためます。そこに、3のハンバーグをリング状にいれて、表面が焦げるまで焼きます。

ハンバーグを丸めずにフライパンへ投入。


【5】フライパンを弱火にして、リング状になったハンバーグの真ん中に副菜をいれます。じゃがいも、にんじんなど固い野菜はあらかじめレンジでチンしてジップロックに入れて持っていくと良いです。

ハンバーグの真ん中に副菜をいれる。


【6】フライパンに蓋をして蒸し焼きにします。5分~10分程度たったら蓋をあけます。そこに、ハインツのデミグラスソースと水200ccを入れて、再び5分程度煮込みます。お酒に合うハンバーグにしたい場合は、赤ワインを50ccほど入れると良いです。

ハインツデミグラスソース


【7】蓋をあけて、デミグラスソースがとろけていたら完成です。

フライパンひとつ、手が汚れない煮込みハンバーグ

 

キャンプ場で楽をするための小技

たまねぎのみじん切りは、キャンプ場でやるとかなり面倒なので、前日に切ってジップロックにいれて持っていくと良いです。

ジップロックの正規品は高いので、100均のものを使用することをおすすめします。

取り皿はシェラカップを使うと便利です。私は、洗い物をなるべく減らしたいので、1人1人が使うお皿は基本シェラカップだけにしています。こちらは300ccまで入るスノーピーク製のシェラカップ。

おすすめのフライパン

ハンバーグやステーキなどのお肉は、スキレットで焼くとジューシーさ、香りが増してさらにおいしくなります。

スキレットで焼くお肉のおいしさは、こちらの記事で説明しています。

ゆるキャン△8話。スキレットで焼く肉ってうまいんだぜ~。を解説

ハンバーグは蓋付のスキレットを用意する必要があるため、コールマンの10インチスキレットがおすすめ。蓋と持ち運び用の袋がついてくるのでキャンプに持っていくのに便利です。

合わせて食べたい、キャンプ献立メニュー

#トマトとたまねぎのマリネ(写真のもの)

#【基本レシピ】ダッチオーブンを使った白米の炊き方

#調味料2つでできる簡単チョレギサラダ

#焼きカプレーゼ

#しらすの和風アヒージョ

キャンプの夕食の献立