キャンプ用品

ゆるキャン△最終回。成長したなでしこのキャンプ道具一覧。

成長したなでしこのキャンプ道具一覧
ゆるキャン12話。ソロキャンプするなでしこ。アニメゆるキャン△より引用。
ゆるキャン12話。本栖湖キャンプ場に自転車でむかうなでしこ。りんちゃんの時のアングルと一緒。
ゆるキャン12話。てきぱきとテントを設営するなでしこ。設営はやくなったね!!なでしこ!
ゆるキャン12話。りんちゃんとLINEするなでしこ。りんちゃんに「ソロキャン」してるんだ。
ゆるキャン12話。りんちゃんとLINEするなでしこ。りんちゃんも同じキャンプ場にいるよフラグ立ちました。
ゆるキャン12話。キャンプ場でばったりなでしこに会って手をふるりんちゃん。やっぱり。なんかイケメンになってない?
ゆるキャン12話。りんに駆け寄るなでしこ。り~んちゃ~ん!!

 

ゆるキャン△。ついに最終回を迎えてしまいましたね。

毎週の楽しみがなくなってしまい残念です。(さっそく漫画の5巻、6巻買って続きを読んでしまいました。)

最終回のラストシーンは成長したなでしこがソロキャンプをするシーンで終わります。

その時に使っていた「キャンプ道具」がゆるキャン△アニメの今まで、といいますか、1話~物語終盤までに起きた出来事を踏まえたチョイスであり、

さらにはキャンプの先輩であるりんちゃんのDNA、さらにその先にいるりんちゃんのキャンプの師匠であるおじいちゃんのDNAを受け継いだことを感じられるラインナップになっていました。

キャンプ道具ひとつから、キャラクターの性格、キャラ同士のつながりを感じさせてくれる。

ゆるキャン△は本当にすごいアニメです。(合掌)

では、ここからなでしこが最終回で使っていた各キャンプギアを紹介していきます。

なでしこのキャンプ道具。基本方針は「自分が好きなギア」。

なでしこのキャンプ道具のチョイスは基本的に「高校生の女の子が好むかわいいキャンプ道具」と「お金がなかったからこれしか買えなかった激安ギア」のつぎはぎで成り立っています。

これが、アニメ制作者がただイケてると思ったブランドグッズをなでしこに使わせていたらゆるキャン△はこんなにもヒットしなかったでしょう。

キャンプ道具のチョイスが、なでしこの性格やお財布事情から考えてもしっくり来る。この作り込みがキャンプ好きの心をつかんで離さなかった理由のひとつだと思っています。

椅子「エーライトメイフライチェア」

例えば、「エーライトメイフライチェア」。りんちゃんも使用している重量650gの超軽量椅子で、お値段はそこそこ高額。

全て高額、一級品のキャンプギアで揃えているりんちゃんと比べて、なでしこの道具で高額といえる商品はこれだけです。それだけ、この椅子が欲しかった、気に入った、バイト代をつぎ込んで買った超お気に入りでしょう。

りんちゃんが使っているのをなでしこは間近で見て、「これは買うしかない!超良い!」と思ったんでしょうね。実際650gは軽量椅子の中でも驚異の軽さです。デザインもおしゃれですし。

余談ですが、この「メイフライチェア」。実はりんちゃんもこれだけは気に入って自分で買った、もしくはおじいちゃんに買ってもらったのではないかと思います。

りんちゃんが使っているキャンプ道具はおじいちゃんのお下がり。(と、7話で言っていました。)平成初期にバイクツーリングをするキャンパーの間で流行った道具のラインナップになぞらえているようです。

実際にモンベルのムーンライト3型は、1970年から販売されているロングランヒットの商品。でも、今選ぶならもっと違う選択肢もあるよね?というようなテントでした。

その中で、2013年に発売されたエーライトメイフライチェアがラインナップに入っていることはおかしいのです。つまり、これだけはお下がりでない。

りんちゃんがバイト代を貯めて自分で買ったか、おじいちゃんがかわいい孫娘のためにプレゼントしたか、、いずれにしてもこの「エーライトメイフライチェア」がゆるキャン△の主人公たちに愛され、使われているキャンプギアであることは変わりません。

ゆるキャン△ファンなら買わない理由がない。そんな椅子です。

テント「GIGANTIC TREE」

ゆるキャン12話。ソロキャンプするなでしこ。アニメゆるキャン△より引用

エーライトメイフライチェアが1万円~2万円の金額なのに対し、テントは野クルで購入した980円のままでした。

「椅子高いの買っちゃったからテントはこのままでいっかー」

みたいな。お金の制限があるところが高校生っぽくてかわいいですよね。

ちなみに、おそらくモデルになったGIGANTIC TREEは980円とまではいきませんが、2000円程の激安テント。ゆるキャン△ファンならぜひこのテントでキャンプを!と思いますが、耐水圧が書いていません。

耐水圧が書いていないテントは、雨にどれくらい耐えられるのかわからないから基本的には買わない方が良いです。

テントに浸水するとマジで悲惨です。寝ている背中から雨が入ってきます。

同じような安いテントだと、4,000円台のこちらをおすすめします。耐水圧2000mmなので大雨でも大丈夫。(一般的に、耐水圧2000mm以上だと大雨も防げるといわれています。)

ランタン「コールマン ルミエールランタン」

続いてランタン。ランタンは「コールマンのルミエールランタン」です。

このランタンは8話の「テスト、カリブー、まんじゅううまい」の回で、イヌコと千明とカリブー(アウトドア用品店)に行ったときになでしこが一目ぼれしたものです。

ゆるキャン8話

「ゆらゆらした火が小さい焚き火みたいだ byなでしこ(8話)」

は!!このセリフ。わかりますか?なでしこがはじめて焚き火っていいな~と思ったのは第1話。寒い中りんちゃんの焚き火に入れてもらったときです。

「焚き火ってあったかいんだね~byなでしこ(1話)」

つまり、ですよ。つまり、りんちゃんに会っていなかったらなでしこは「ルミエールランタン」に見向きもしなかったかもしれない。そう思うと、出会いがあって、1話で一緒に焚き火であたたまった思い出があってこのランタンに惹かれてるんですよねー。

いや~、良い。ゆるキャン△って良いです。

ちなみに、このランタン。ゆるキャン△6巻でなでしこが初バイト代を握りしめて買いに行くシーンが描かれています。それがめっちゃかわいい。6巻読んだ後ルミエールランタン思わず買ってしまいましたもん。

キャンドル風の火がともって、すごく雰囲気がよくなります。見てください。秋味のビールだっておしゃれになります。

コールマンルミエールランタンと秋味のビール

お値段はアニメで描かれていた通り、5,000円前後。5,000円で雰囲気をぐっと良くできます。

続いて、「テーブル」「マット」「寝袋」「自転車」の紹介です。

1 2
よく一緒に見られている記事